慢性的高血糖はなぜ悪い?

  • 慢性的高血糖はなぜ悪い? はコメントを受け付けていません。

慢性的な高血糖は、細胞中のミトコンドリア(栄養をエネルギーへと変換するところ)に悪影響を及ぼすことが過去の研究で明らかにされている。

糖尿病のネズミと健康なネズミとで、心臓から採取したミトコンドリアの中に存在する2種類の相反する作用の酵素量を比較したところ、糖尿病のネズミはミトコンドリアにおけるエネルギー酸性効率が悪くなることが判明した。

それによってエネルギー生産時に副産物として発生する熱の量が増えて細胞へのダメージ(活性酸素)も増加し、活性酸素に対応するために、肝臓で抗酸化プロセスの一環としてブドウ糖の生産量が増え、血糖値がさらに増加することになるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
banner5555

関連記事

コメントは利用できません。

お客様の声

お客様の喜びの声

テトウストレ公式通販サイト


転載は固くお断りします

※本サイトの基本原稿は、西洋医学・予防医学・自然医学に基づき独自に執筆したものです。転載は固くお断りします

ページ上部へ戻る