第二の人生を楽しみたいと思っていた矢先の糖尿病宣告に愕然

  • 第二の人生を楽しみたいと思っていた矢先の糖尿病宣告に愕然 はコメントを受け付けていません。

荒川佳美さん 73歳 東京都

荒川さんは、ご主人と一緒に運輸会社を営んでいました。
「主人が今の会社を立ち上げたのが、今から30年ほど前になりますね。それ以来、私が70歳になるまで、ずっと経理と事務全般を見ていました」70歳を節目に、ご主人と共に仕事を引退。会社は娘夫婦に継いでもらったそうです。会社運営の重責から解放され、第二の人生を楽しみ始めた1年後、荒川さんの血糖値に変化が表れてきました。

「2年前の健康診断で糖尿病の予備軍と診断されました。でも、病院の先生には『ちょっと血糖値が高めだから、食事には気をつけなさいよ』って軽く注意されただけで、特に薬を処方されたわけでもないし、経過検査も必要なかったので全く糖尿には気を遣っていなかったですね」荒川さんの身内や友人には、糖尿病経験者は1人もいませんでした。そのため、予備軍だからと軽く考えていたそうです。

「次の年の健康診断でも糖尿の予備軍って言われて、『あらっ、去年と同じ事を言われてる。ちょっと気をつけないといけないんだなぁ』って思って…。それからですね、血糖値を気にし始めたのは。それで、半年後にもう一度、糖尿の検査をしてもらおうと思い、医院の先生に診てもらいました。それで、検査をしたら『これは予備軍じゃないですよ。正真正銘の糖尿病です』といわれて、驚きましたね。70歳になるまでは病気には縁がなかったですし、仕事を引退してからは、たくさん旅行もしたいと思っていたので『あぁ、もう人生楽しめないんだ』ってショックを受けましたね」

その時の荒川さんの血糖値は327mg/dl、ヘモグロビンA1cは13.3%もありました。「先生も入院が必要かどうか、しばらく考え込んでいましたね。結局は、しばらく経口剤を飲んで様子を見ることになりました。テトウストレを飲み始めたのは、その1週間後のことですね」

荒川さんは、糖尿病予備軍の頃からテトウストレを知っていたそうです。
「実は、私がまだ予備軍だった頃に、ハーバルさんに電話をした事があるんですよ。新聞にテトウストレの広告が載っていたので、相談も兼ねてと思い電話をしました。その時の血糖値をお話ししたら『生活習慣に注意されれば、すぐにお飲みにならなくてもいいと思いますよ』ってハーバルさんに言われて、じゃ、本当に糖尿病になったらテトウストレを飲もうと思ってね。それで、その広告を切り取って、1年くらい引出しに入れていました。それがまさか、本当に糖尿病になるなんてねぇ。やっぱり、虫の知らせだったのかしら・・・」

糖尿病の治療が始まって2、3日後、荒川さんはテトウストレを注文します。

「友達のお茶屋さんに『カテキンには血糖値を下げる効果があるから、そのお茶は効くかもしれないね』って言われましたし、かなり期待をしてテトウストレを煎じたわけです。早速、600ccの水に1時間ほど煎じて飲んでみたら、まぁ、ビックリするほど飲みにくいのね。飲みにくくて飲みにくくて。それでも、良薬は口に何とかっていうから、と思って一気に飲み干したの。それ以来、毎日かかさず飲んでますよ。でも、この味にはなかなか馴れないですね。毎日、一気に飲んでます(笑)」

テトウストレを飲み始めて、最初に数値が減ったのはコレステロール値でした。もともと、荒川さんはコレステロールの数値が高く、10年間、薬を飲んでいたそうです。

「テトウストレを飲む前は、高い時で300mg/dl(総コレステロール値)近くありました。それが、テトウストレを飲み始めて3ヶ月後の検査では、218mg/dl(総コレステロール値)正常値まで下がっていました。その時の血糖値が213mg/dl。初回の検査からは、100mg/dl近くも下がっていましたね」

荒川さんは、テトウストレ以外にも糖尿病の対策を工夫されています。例えば、食事は野菜を中心にしてできるだけ温かいものを食べる(サラダも温野菜にする)。そして、カロリーだけではなく栄養のバランスにも気を遣っているそうです。あと、高カロリーの物は半分から3分の1ほど残す。

「美味しいものは食べたいし、何とか食事を工夫しようと思いました。それで思いついたのが温野菜中心の食事。温野菜にすると空腹感も少なくなるし量もたくさん食べられます。お肉も好きですから、食べないのは辛いです。だから、少しでもいいから残す習慣をつける。そうすると、自然に高カロリーの食事は、残すようになりましたね」

荒川さんは、運動も心掛けるようにしました。「週3〜4日は、2時間近く歩くようにしました。仕事をしていた頃は気が張っていましたから、ゆっくり散歩を楽しむ事もできなかったので、散歩を楽しもうかなと思って始めました。あと、近くのジム(トレーニングセンター)に週2日くらい通っています。無理な運動はしませんけど、運動するとその分、美味しい物が食べられるでしょう(笑)」

荒川さんの努力と、テトウストレの効果は、初回の検査から5ヶ月後の検査に形となって現れました。

「最初の検査が3月でしたから、5月に2回検査を受けたので、通算6回目の検査(検査日、7月28日)でした。その時の血糖値が95mg/dl、ヘモグロビンA1cは6.3%、とすっかり正常値になっていました。総コレステロールも165mg/dlでこれも正常値。中性脂肪だけは194mg/dlと高めでしたけどね。先生や看護士に『ずいぶん頑張りましたね』ってすごく誉められましたよ」

病院の薬と食事の工夫に運動、そしてテトウストレ。それぞれが良い形となって現れた結果だ、と嬉しそうに話をする荒川さん。「何が効いたのかは分かりませんが、テトウストレを飲んで3ヶ月後にはコレステロール値が下がっていましたからね。良いと思ったことをやり続けた事が結果につながったんでしょうね。後は、中性脂肪が改善されて、他の数値も正常値で安定してくれればいいですね。その時には、また取材に来てくださいよ。テトウストレに出逢えて本当に良かったです」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
banner5555

関連記事

コメントは利用できません。

お客様の声

お客様の喜びの声

テトウストレ公式通販サイト


転載は固くお断りします

※本サイトの基本原稿は、西洋医学・予防医学・自然医学に基づき独自に執筆したものです。転載は固くお断りします

ページ上部へ戻る