GI値は血糖反応の指標にならない

  • GI値は血糖反応の指標にならない はコメントを受け付けていません。

米国タフツ大学USDA人間栄養学加齢センターの研究によると、血糖値上昇の指標とされていた「GI値」は当てにならないという。

これまで、GI値の低い食品は血糖値を上昇させにくいとして、好ましい食品と考えられてきた。

しかし今回の研究報告では、GI値は個人差が大きく、また同一人物でも食事のたびに変動が大きいので、食品選択のガイドとしては有用ではないと結論付けている。

本来、食物からの栄養摂取量などは体内での吸収率に左右される。

吸収率というのは老化の個人差や、気分による消化器のコンディションに影響されるもので、食品のカロリーと同様、「当てにならない」というのは真実味がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
banner5555

関連記事

コメントは利用できません。

お客様の声

お客様の喜びの声

テトウストレ公式通販サイト


転載は固くお断りします

※本サイトの基本原稿は、西洋医学・予防医学・自然医学に基づき独自に執筆したものです。転載は固くお断りします

ページ上部へ戻る