高血圧症予防食事療法(DASH)と痛風

  • 高血圧症予防食事療法(DASH)と痛風 はコメントを受け付けていません。

高血圧症予防食事療法 (DASH)とは、果物、野菜、低脂肪乳製品の摂取を勧め、飽和脂肪、総脂肪、コレステロールの摂取を減らす、全粒穀物、赤身肉、魚、ナッツ、豆を含む食事です。

こうした食事が血圧を低下させ、尿酸値も下げることを示した、数少ない臨床試験のエビデンスが報告されました。

これは、米国ジョンズ・ホプキンス大学からの研究報告で、前高血圧またはI度高血圧の成人103人を対象に、DASH食とそうでない食事を無作為に割り当て、30日間、低、中、高濃度のナトリウムがそれぞれ無作為な順序で与えられました。

DASH食による尿酸値の低下分は1mg/dLを上回りましたが、ナトリウム摂取量は予想に反して、ナトリウム摂取量が多い方が少ないときと比べ、尿酸値が低下したと述べています。

ナトリウム摂取量が増加すると、尿酸値が減少するメカニズムは不明ですが、DASH食が患者の痛風発作の予防に有効となり得ることを示唆しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
banner5555

関連記事

コメントは利用できません。

お客様の声

お客様の喜びの声

テトウストレ公式通販サイト


転載は固くお断りします

※本サイトの基本原稿は、西洋医学・予防医学・自然医学に基づき独自に執筆したものです。転載は固くお断りします

ページ上部へ戻る