免疫系が社会行動に影響

  • 免疫系が社会行動に影響 はコメントを受け付けていません。

2016年7月、免疫系のT細胞が典型的な社会行動発達に重要な役割を負っているようだ、という研究報告が、『ネイチャー』誌に発表されました。

米国マサチューセッツ大学の研究で、マウスで免疫系のT-細胞から分泌されるある成分(IFN-γ)を阻害すると、マウスの脳を過活動にし、不規則な社会的行動を引き起こすことを発見しました。

IFN-γ信号経路を正常化すると、過剰な反応と異常な社会行動は正常化されたといいます。

つまり、T細胞が媒介する免疫信号と社会的脳機能の間の隠されたつながりが明らかにされた事になります。

現代人の異常行動による事件は、もしかしたら免疫力の低下と無関係ではないのかも知れません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
banner5555

関連記事

コメントは利用できません。

お客様の声

お客様の喜びの声

テトウストレ公式通販サイト


転載は固くお断りします

※本サイトの基本原稿は、西洋医学・予防医学・自然医学に基づき独自に執筆したものです。転載は固くお断りします

ページ上部へ戻る