睡眠不足は糖尿病をひき起こす

  • 睡眠不足は糖尿病をひき起こす はコメントを受け付けていません。

米国の研究(Annals of Internal Medicine”(2012年10月)に掲載)で、睡眠不足の人の代謝組織が変化する仕組みが解明され、睡眠不足により2型糖尿病になりやすくなる理由が明らかにされた。

健康な成人のグループを対象に8日間の臨床試験を行い、そのうちの4日間は睡眠時間を4.5時間にし、残りの4日間は睡眠時間を8.5時間にした。

食事の内容と運動の量は8日間を通して一定で、 4日間のサイクルが終わるごとに、各被験者から組織のサンプルを採取して分析。

その結果、睡眠時間が4.5時間と短かった4日間の後は、健康であるはずの被験者の脂肪組織のサンプルが、肥満や糖尿病の人たちから採取したサンプルに著しく類似しており、インスリン感受性が通常の人に比べて30%低下していたということだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
banner5555

関連記事

コメントは利用できません。

お客様の声

お客様の喜びの声

テトウストレ公式通販サイト


転載は固くお断りします

※本サイトの基本原稿は、西洋医学・予防医学・自然医学に基づき独自に執筆したものです。転載は固くお断りします

ページ上部へ戻る