肥満は遺伝子のせいではない

  • 肥満は遺伝子のせいではない はコメントを受け付けていません。

FTO(fat mass and obesity-associated)遺伝子とは、脂肪の量と肥満に関連する遺伝子です。

これまで、FTO遺伝子のキャリアは、平均で、3kg体重が多く、肥満である可能性が70%高いことが知られていました。

しかし、2016年10月の英国ニューカッスル大学からの研究報告によると、FTO遺伝子のリスク変異体のキャリアであることは、体重減少に影響をおよぼさないことを見出したといいます。

食生活、身体活動、薬物ベースの減量計画が、FTO変異体のキャリアである人にも同じように機能することを意味するといい、減量しようとする人にとって重要なニュースであるといえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
banner5555

関連記事

コメントは利用できません。

お客様の声

お客様の喜びの声

テトウストレ公式通販サイト


転載は固くお断りします

※本サイトの基本原稿は、西洋医学・予防医学・自然医学に基づき独自に執筆したものです。転載は固くお断りします

ページ上部へ戻る