2型糖尿病は脂肪組織の炎症が原因!?

  • 2型糖尿病は脂肪組織の炎症が原因!? はコメントを受け付けていません。

この2月に発表されたイェール大学などの研究によると、インスリンがグルコース産生を抑制するプロセスを、脂肪組織の炎症がプロセスの反転をひき起こしてしまい、高血糖になることを動物実験で明らかにした。

従来、健常者はインスリンが直接肝臓のグルコース生産を抑制すると考えられていたが、2型糖尿病では、このメカニズムが作動しない。

そこで、インスリンは脂肪の分解を阻害し、それによって肝臓によるグルコース生産が抑制されているのではないかと仮説を立て、動物実験で本仮説を証明した。

高カロリーの食事や運動不足で脂肪組織の炎症は起こるだろうから、この研究結果はうなづける。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
banner5555

関連記事

コメントは利用できません。

お客様の声

お客様の喜びの声

テトウストレ公式通販サイト


転載は固くお断りします

※本サイトの基本原稿は、西洋医学・予防医学・自然医学に基づき独自に執筆したものです。転載は固くお断りします

ページ上部へ戻る