がんのリスクは糖尿病予備軍のときから高まる。

  • がんのリスクは糖尿病予備軍のときから高まる。 はコメントを受け付けていません。

糖尿病患者は、がんの罹患率が高いことは、今ではよく知られている。

だが実は、糖尿病予備軍になったときから、がんのリスクが15%も上昇することが明らかになったそうだ。

研究は中国順徳第一人民医院のユリ ヒュアン氏らによるもので、世界約90万人を対象に行われた16件研究結果を分析し、欧州糖尿病学会(EASD)の医学誌「ダイアベトロジア」に発表された。

今や日本人は、1012年で1,100万人が糖尿病予備軍だといわれている。

予備軍の段階で生活習慣の改善に努めることが賢明だ。薬物治療をしていなければ、テトウストレの効き目も早い。

そうすれば、動脈硬化などの循環器疾患だけでなくがんのリスクも、早期に排除できることになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
banner5555

関連記事

コメントは利用できません。

お客様の声

お客様の喜びの声

テトウストレ公式通販サイト


転載は固くお断りします

※本サイトの基本原稿は、西洋医学・予防医学・自然医学に基づき独自に執筆したものです。転載は固くお断りします

ページ上部へ戻る