ビールはメタボを改善?

  • ビールはメタボを改善? はコメントを受け付けていません。

米国オレゴン州立大学の研究で、2016年3月、実験動物において、ホップに含まれる天然フラボノイドの「キサントフモール」が、高脂肪食に起因するメタボリック症候群のマーカー値を有意に改善し、体重増加も抑えた、と報告された。

研究チームは、60%の高脂肪食で飼育した実験用マウス48匹をランダムに3群に分け、各々にキサントフモールを0(対照)、30、60mg/㎏/日ずつ12週間与えた。

その結果、60mg/kg/日のキサントフモール摂取マウスは、LDL-コレステロール(悪玉)が80%低下し、インスリン濃度が42%低下し、炎症のバイオマーカーであるインターロイキン(IL)-6濃度が78%低下した。

キサントフモールは、ホップおよびビールに含まれる。今回の研究で用いた最高用量は、マウスで体重1kgあたり60mg/日であったが、これはヒトに換算すると体重70kgで350mg/日に相当し、これをビールだけで摂取するには2,000リットルのビールが必要だという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
banner5555

関連記事

コメントは利用できません。

お客様の声

お客様の喜びの声

テトウストレ公式通販サイト


転載は固くお断りします

※本サイトの基本原稿は、西洋医学・予防医学・自然医学に基づき独自に執筆したものです。転載は固くお断りします

ページ上部へ戻る