食事療法と運動療法は同時に

  • 食事療法と運動療法は同時に はコメントを受け付けていません。

生活習慣病の一因となる中性脂肪を減らすには、食事と運動が大切なことは周知の事実である。

適切な食事療法と、多少行うのがきついと感じる程度の運動をうまく組み合わせることによって、内臓脂肪を比較的短期間で30~35%程度減らせるといったデータもあるようだ。

それが充分にできないからと言って、食事と運動のどちらか片方だけをやるのではダメで、「両方とも同時に、日々半分ずつという気持ちで実行していく」というのが良い。

さらに、食事はお腹が空いたときに摂ること。大して空腹でないのに食べ続けていると、肝臓で余剰分が中性脂肪に変化してしまう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
banner5555

関連記事

コメントは利用できません。

お客様の声

お客様の喜びの声

テトウストレ公式通販サイト


転載は固くお断りします

※本サイトの基本原稿は、西洋医学・予防医学・自然医学に基づき独自に執筆したものです。転載は固くお断りします

ページ上部へ戻る